プロテインの種類と効果

↓プロテインの購入はこちらから。

↑高品質を徹底追及したプロテイン。その他トレーニング用品はここで買えます。
 
 
 
プロテインは減量や製法によって、いくつかの種類に分けられます。
それぞれ飲むタイミングや効果少しずつ差があるので、特徴を理解した上で自分の目的に合ったものを選びましょう。
 
 
 
【ホエイプロテイン】
牛乳を原料としているプロテインで消化・吸収されやすく、筋肉が付きやすいという性質があります。
体重を増やしたい人や、筋肉の量を増やしたい人に適しています。
飲むタイミングとしては、運動前や直後が良いでしょう。

■トレーニング30分前が効果的
トレーニング中はエネルギー消費が激しく体は筋肉からもエネルギーをつかっています。
パフォーマンスの低下を極力抑えトレーニング効果を落とさないためにもトレーニング前のプロテイン摂取は欠かせません。

■トレーニング直後(30分以内)が最も効果的
トレーニング後はエネルギー消費で筋肉の分解(異化作用)が起こります。
筋肉の分解を極力抑え筋肉を合成させるためにもトレーニング直後のプロテイン摂取は非常に重要なのです。
この時間はいわゆる「ゴールデンタイム」と呼ばれています。

長所:消化吸収が早く、筋肉になりやすい。
短所:短時間で吸収されてしまうので、効果時間が短い。
 
 
 
【カゼインプロテイン】
こちらも牛乳から作られますが、ホエイプロテインとは製法が違います。
ホエイに比べるとゆっくり消化・吸収されるので、ホエイプロテインほどの即効性はありませんが、その分長時間効果が続きます。
ただし、カゼインプロテインはホエイプロテインとミックスされて売られていることが多いので、その場合はホエイとカゼイン両方の長所を持っていることになり、飲む時間を選ばなくても大丈夫です。

■就寝前が最も効果的
ガゼインプロテインは3~5時間掛けてゆっくりと体に溶け込むので、就寝前に飲むのが最も効果的です。
睡眠中は成長ホルモンが1日で一番高く分泌されますので、睡眠中こそが筋肉の成長を促進させる時間帯なのです。

■間食に最適
トレーニングOFF日など体を休めている時など、筋肉の成長を促すためにも、ゆっくりと吸収されるガゼインは効果的。
食事と食事の合間の間食などにガゼインを摂取して筋肉の回復に最適。

長所:満腹感を得やすく効果時間が長い。
短所:消化・吸収が遅いためトレーニング直後のタンパク質補給に向かない。
 
 
 
【ソイ(大豆)プロテイン】
大豆を原料としたプロテインで、消化吸収にかんしてはカゼインとほぼ同じくらいだと言われています。
大豆に含まれる成分は代謝を活発にする効果があると言われているので、ダイエット時には特に適しています。
また、女性ホルモンに似た物質も含んでいるので、女性らしい体を維持する効果もあります。(男性が女性化することはありません)
飲むタイミングとしては食間や寝る前が良いでしょう。

長所:効果時間が長く、代謝を活性化する効果がある。
短所:消化・吸収が遅く、若干粉っぽい味のものが多い。
 
 
 
【エッグプロテイン】
エッグプロテインはその名の通り卵から作られるプロテインで、これといった特長がないというのが特長(?)のプロテインです。
体質的にに牛乳を原料としたプロテインが飲めない、という人はエッグプロテインを飲むと良いでしょう。
ただし、現在なかなか手に入りにくい状態にあるようです。

長所:脂肪分が少ない。消化・吸収速度はそこそこ。
短所:量あたりの値段が若干高い。

このような種類と特徴があるので、使い分けましょうね。

↓プロテインの購入はこちらから。

↑高品質を徹底追及したプロテイン。その他トレーニング用品はここで買えます。